FC2ブログ
2013-11-30 23:52 | カテゴリ:旅行
大浦天主堂に隣接しているグラバー園へ




福山雅治が紅白歌合で生中継して歌った場所でも有名。




「グラバー園」は、 国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅を核に、市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したもの。



$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園3




チケット販売の窓には・・・

流石は 長崎らしい(笑)



$まきちんの気まぐれ日記




公衆電話も西洋をイメージした作りに・・

$まきちんの気まぐれ日記





グラバー園からの景色。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園4





上からは 旧三菱重工造船所が見える。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園14




園内のガーデンカフェ

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園5





グラバー商会に勤め、ホーム・リンガー商会を設立したフレデリック・リンガーの旧邸。
1966年(昭和41年)6月11日、国の重要文化財に指定。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園8





オルト商会を設立し、製茶業を営んでいたウィリアム・ジョン・オルトの旧邸。
1972年(昭和47年)5月15日、主屋・附属屋・倉庫が国の重要文化財に指定。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園12





東山手に建てられた、スチイル記念学校(Steele Memorial Academy)の校舎。
グラバー園への移築は海星学園の寄宿舎として使用されていた。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園13









園内には 「自由亭」という喫茶があるの。




「自由亭」は、江戸時代の終わり頃、日本で初めて西洋料理のレストランとして、伊良林(いらばやし)の神社前にオープンした建物。



この建物は検事正官舎として使われていたが、昭和49年グラバー園に移築復元


そこで 実際に今は観光客の喫茶店として使われている。





ここが 自由亭

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園6




店内はレトロな雰囲気が コーヒーの香りが漂っている。

窓からは 海沿いの景色が見えて綺麗。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園7



私が 注文したのはカステラセット

長崎ならではのメニュー

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園9




このグラバー園の木には ハートストーンで出来た恋愛祈願の札が沢山つけられていて カップルにも人気。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園17




続く・・・・・



スポンサーサイト



2013-11-30 14:45 | カテゴリ:旅行
長崎県長崎市にあるカトリックの教会堂で、1865年(元治2年)に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物。


正式名は日本二十六聖殉教者堂。


その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂。



この海が見える西坂を上がっていくと 大浦天主堂があるの。

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園1


大浦天主堂

$まきちんの気まぐれ日記



中は拝観料大人300円で 教会を見ることが出来る。


見事なまでのステンドグラスで 昔の建物とは思えないくらい立派。


ここは 今でも実際に礼拝堂として使えわれている。


中の撮影は一切禁止。




天主堂に行くまでに 土産店や童話館などが立ち並んでいる。

$まきちんの気まぐれ日記




カステラ神社(笑)なんかもあるよ~

$まきちんの気まぐれ日記-グラバー園15






この坂で 地元の小学生が 学校の観光のアンケート調査をやっていて


「どこから来ましたか!?」
「長崎で知ってる有名人は誰ですか?」
「長崎の魅力は何ですか?」

とか 色々質問してきて アンケートに協力(^^)




逆に 私達も 「びわゼリーって有名だけど おいしいの!?」

って尋ねると・・・・・ 


「ここの西坂のびわゼリーは びわが3個ぎっしり入ってて美味しいです」

って 教えてくれたので早速購入。



記念に 写真とろうね!って みんなで記念撮影。

$まきちんの気まぐれ日記-長崎・西坂2


とっても礼儀正しい 可愛い子供達だったよ~







子供達お勧めの びわゼリー 他の店舗で見たら 確かにびわが2個しか入ってなかった。


$まきちんの気まぐれ日記-びわゼリー2



でも 子供達お勧めのびわゼリーは3個入ってる。しかもぎっしり!

$まきちんの気まぐれ日記-びわゼリー1



流石~~!!


地元の子供達!!

美味しく頂いたよ~♪


ありがとね☆


びわぜりー買うなら 西坂にある店舗がお勧め!!




☆大浦天主堂

〒850-0931
長崎県長崎市南山手5番3号
TEL (095)823-2628   
FAX (095)827-5452




続く・・・・・
2013-11-30 14:09 | カテゴリ:旅行
長崎市の中島川に架かる石造二連アーチ橋のこと。

日本初の石造りアーチ橋である。


1960年(昭和35年)に国の重要文化財に指定されている。



眼鏡橋付近の堤防にハートの形をした石が20個前後はめられており ハートストーンと呼ばれ観光名所になっている。




$まきちんの気まぐれ日記-眼鏡橋


河の水が反射して眼鏡のように見えるでしょ!?


この 眼鏡橋の 前には天皇家にカステラを謙譲して有名になった「匠寛堂」さんがあって お店の中からカステラの製造が見られる。

店舗はココだけしかない。

粗目を使わず 添加物も一切入っていないので 賞味期限は短いが 味わい深いカステラで人気。


行かれた際は是非!!




続く・・・・




2013-11-30 13:57 | カテゴリ:旅行
長崎の有名人と言えば 前川清さん 福山雅治さん 原田ともよさんなど数多くの有名人を輩出してる県だけど・・・・


福山君は 竜馬伝などのドラマで認知度も高く 長崎県でも人気。


個人的に私も大好き♪

うちの主人も福山君ファン。


タクシーの運転手さん曰く 長崎野外公会堂でライブに来たファンは必ずよるスポットになっているらしい場所。


福山雅治君の実家。


タクシーの運転手さんの計らいで 前を通ってもらったよ~


ダーリンとワクワクしながら 喜んでたの。



これが 福山君の実家。

$まきちんの気まぐれ日記-福山雅治実家1




$まきちんの気まぐれ日記-福山雅治実家




何だか ミーハーな自分にワクワクした。


ご迷惑にならないよう 前をゆっくり車で通っただけで 嬉しかった~~!!!



ここを 通りすぎ 次に向かった先は・・・



続く・・・・




2013-11-30 13:07 | カテゴリ:旅行
長崎は夜景も有名。 

稲佐山から見るパノラマ夜景は「1000万ドルの夜景」と称され、函館山(函館市) 、摩耶山掬星台(神戸市) と共に日本三大夜景に数えられている。


そして 2012年10月には世界三大夜景にも認定され 香港・マカオに並ぶ夜景のスポットとして注目されている。



$まきちんの気まぐれ日記-稲佐山夜景


稲佐山まではロープウェイもあるよ~


写真では 分かりにくいけど パノラマになっていてホントに綺麗。


天気のいい日は 熊本まで見ることができるの。


寒いので 完全防寒で行くことをお勧め。



ここまでは 旅行会社から出ている観光夜景ツアーもあるけど週末のみ。


私達は ハイヤータクシーで観光したよ。

ハイヤーは 平日も運行しているよ~


タクシーの運転手さんが長崎の説明をしながら連れて行ってくれるので 凄く分かりやすくて地元のかたならではの 穴場なども教えてくれる。



稲佐山を後にして・・・・向かった先は!?



続く・・・・



2013-11-30 00:42 | カテゴリ:旅行

二泊目のお宿は



長崎ベストウェスタンホテル



長崎駅まで徒歩10分

館内に24Hンビニも設置してあるので便利。

$まきちんの気まぐれ日記-長崎ベストウェスタン3


ロビー


$まきちんの気まぐれ日記-長崎ベストウェスタンプレミアホテル



部屋

$まきちんの気まぐれ日記-長崎ベストウェスタンプレミアホテル2



今回は ココでお世話になりました~


館内も清潔感があって綺麗で とっても過ごしやすいホテルだったよ~


どこに行くにも便利な場所。



ネット接続も無料

ルームサービスも充実している。





ベストウェスタンプレミアホテル長崎
BEST WESTERN PREMIER Hotel Nagasaki
〒850-0045 長崎県長崎市宝町2-26
TEL : 095-821-1111
FAX : 095-823-4309



続く・・・



2013-11-29 23:31 | カテゴリ:雑学
長崎と言えばカステラ。



沢山のカステラのブランドがあるが 長崎県人が口を揃えて美味しいと太鼓判を押すのが




福砂屋



長崎県長崎市船大工町3番1号に本社を持つ、カステラの製造業者である。


長崎カステラの元祖といわれている。


1624年(寛永元年)創業。『カステラ本家』を商標登録している。


カステラの原料は卵、小麦粉2種類、グラニュー糖、砂糖、ザラメ糖だけ。

生クリームや、ふくらかし粉などは入れない。

ちなみに福砂屋のカステラはほかよりふっくらとして香りが良いのが特徴。



長崎の方に聞くと この福砂屋さんは 支店と本店では味が違って本店は卵の量が多く美味しいと教えて頂いたので 本店に行って来たよ~!!



老舗の風格が漂う看板。

$まきちんの気まぐれ日記-福砂屋本店1



店前

$まきちんの気まぐれ日記-福砂屋本店2



なお 地方発送もしてくれるので個数を買う人には嬉しい。


お土産用と自分家に買ったよ~



出島のコーヒーと一緒に頂くのが楽しみ♪



☆福砂屋長崎本店

長崎県長崎市船大工町3-1

(代)095-821-2938





続く・・・・
2013-11-29 23:18 | カテゴリ:旅行
中華街から徒歩で15分


向かった先は 長崎出島



出島(でじま)は、1634年江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島。



扇型になっており面積は3969坪(約1.5ヘクタール)。


1641年から1859年まで対オランダ貿易が行われた場所。

この出島を通じて、日本とヨーロッパを結ぶ経済・文化・学術の交流が行われ、日本の近代文化に大きな役割を果たした。



「出島和蘭商館跡」として国の史跡に指定されている。




ココでは 当時の出島がリアルに再現されている。

今から約60年前に長崎市が出島の復元に着手され完成。 

現在の出島は、大きく4つの時代の遺構や建物等を見ることが出来る。


かつて海に面していた水門、西側ゲートから入場すると19世紀初頭の江戸時代から幕末開国後、明治へと時代をたどることができ、東側ゲートから入場すると、明治から幕末、江戸へと時代を遡ることができる。






出島の西側にある門、この門は表門より重要な役割をもつ出入り口で、西洋と日本の文化・学術・貿易品が最初に出入りした建物(水門)

$まきちんの気まぐれ日記-長崎出島4


輸入品の搬入などに使われていた。




ヘトル部屋

$まきちんの気まぐれ日記-長崎出島2

「ヘトル」は オランダ商館長次席が暮らしていた建物。






カピタン部屋

$まきちんの気まぐれ日記-長崎出島3


商館長のことをカピタン(ポルトガル語のカピタオが語源・商館長)と呼んでいた。

このカピタン部屋は出島を代表する大きな建物で、商館長の住まいであると同時に、商館事務所やお客(主に日本の役人や大名が出島を訪れた際)をもてなす場としての機能をもつ建物。







出島・長崎出島オランダ商館跡

所在地 長崎県長崎市出島町

アクセス バ ス:長崎バス本社前から徒歩3分

電 車:出島から徒歩1分

入館料 個人:大人500円/高校生200円/小中学生100円




貿易の発祥地。


今でこそ 輸入は当たり前になったが ヨーロッパの文化が伝わる大きな役割を占めてたんだね~


ここでは 西洋から伝わったコーヒーなどが 土産物として売られていて 試飲したが飲みやすくて美味しかったので お土産物として お勧め!!



続く・・・・・


2013-11-29 20:25 | カテゴリ:旅行
路面電車にコトコト揺られ 向かった先は長崎中華街。


路面電車は 一日乗り放題で500円。


$まきちんの気まぐれ日記-長崎路面電車



着いた~!!長崎中華街


$まきちんの気まぐれ日記-長崎中華街1




$まきちんの気まぐれ日記-長崎中華街2





規模は 神戸や横浜よりは小さい。


昼間3時から5時は お昼休憩らしく飲食店は閉まっているところが多いので注意。



やはり 本場でちゃんぽんを食べようということになり 向かった先は




「江山楼本店」


創業60年の老舗中華店

$まきちんの気まぐれ日記-長崎中華街6


早速注文!


まずは 長崎ちゃんぽん


$まきちんの気まぐれ日記-長崎中華街3


そして こだわりチャーハン


$まきちんの気まぐれ日記-長崎中華街4



大好きなエビマヨ


$まきちんの気まぐれ日記-長崎中華街5



量が多いので分けて食べるのがいい。


なかなか美味でした~♪


おなかいっぱい(^~^)




長崎の中華街には 人気の和菓子店「双葉屋」がある。

$まきちんの気まぐれ日記-長崎双葉屋1



ここでは 沢山の果実を使った大福がその場で食べられるの。


$まきちんの気まぐれ日記-長崎双葉屋3


この日も 並んでる人が沢山いて相変わらずの人気だったよ~♪




☆江山楼

•営業時間 / 11:00am~9:00pm
•ラストオーダー / 8:30pm
•場所 / 長崎市新地町12-2
•電話 / 095-821-3735(代)



☆双葉屋

〒850-0842
 長崎県長崎市新地町8-12 長崎新地中華街
 [ TEL&FAX ]
 フリーダイヤル 0120-07-8581
 095-823-8581
 [ E-MAIL ]
 info@nagasaki-futabaya.com
 [ 営業時間 ]
 9:30~20:00(売り切れ次第閉店)




腹ごしらえの後は観光へ




続く・・・・・


2013-11-29 01:05 | カテゴリ:旅行
小学生の時に 広島に行った時に 原爆の恐ろしさを体験して 脳裏に焼きついて離れなかったことを思い出した。


長崎の原爆資料館は初めて訪れる。



まきちんの気まぐれ日記-長崎原爆資料館



資料館には 沢山の千羽鶴が各地の学校から寄贈されている。


今見ても おぞましい光景。


あの頃見た視点とはまた違った感覚で私なりに 色々考えた。


熱かったろう・・・


辛かったろう・・・


苦しかっただろう・・


言葉にならない。



もう 被爆されてる方も歳を重ねられ 現実に体験した方達が少なくなってる日本で 後世にこの現実を リアルに伝えていく術が 限られてしまう。


戦争を知らない世代が 増える一方で風化することの怖さをマジマジと感じた瞬間だった。


世間では 裸足のゲンに対して様々な意見があるが


個人的に 私は過保護すぎるのではないかと思う。


現実を現実として受け止め 考えさせる機会を奪ってしうような気がしてならない。






この写真↓ 実際に落とされた原爆を再現したもの。

まきちんの気まぐれ日記-長崎原爆資料館2







平和公園に立てられた原爆落下中心碑


塔の前に置かれた原爆殉難者名奉安箱には原爆により爆死された方 被爆者でその後亡くなられた方々の氏名(複製)を奉安してある。

まきちんの気まぐれ日記-平和祈念公園




平和について再度考える 大変いい機会を与えていただいた。



世界が平和であることを切に願う。





続く・・・・・